派遣は頑張りすぎるとどうなるのか?

仕事で本当にあった怖い話

「派遣」で検索すると「派遣 頑張りすぎ」などと結果が返される世知辛い世の中。

私も派遣は長く、8年ほど派遣で働きました。

当時の私は相当な額の奨学金を抱えており、なんとか年収を上げないと!とそれはそれはがむしゃらに働きました。

そのがむしゃらに働いて気づいた点についてです。

良い点

直接雇用の可能性

派遣から直接雇用に切り替えるという例は少なくありません。

仕事が出来るか、人となりはどうか、周囲と上手くやれるなど協調性は・・・面接を何度もやるよりも、何年か一緒に働くのが一番良く分かります。

競争力が強い企業にはこういった派遣から直接雇用への切り替えが多いところもあります。

ただ、企業によっては全くないところもあるので、直接雇用を狙うのであれば、事前に切り替えがある企業なのか確認しましょう。

また、そういう制度があるだけで実際には採用がゼロ、なんてケースもあります。

制度の有無だけでなく、実績も確認しておきましょう。

履歴書はより見栄えが良くなる

企業が一番欲しがる人材は経験者です。

業務を頑張るほど、スキルは磨かれていきますので、あなたの履歴書はより輝くでしょう。

気を付けたい点としては、その会社でのみ通じるスキルではなく、他の企業でも通用するような汎用性のある技術が良いでしょう。

エクセルであれば、関数式に加え、ピポットテーブル、さらにVBAが出来ると業務の幅、また次に選べる仕事の幅は非常に大きく広がります。

業務に関連する資格を取るのも効果的です。

また、会社によっては直接雇用と派遣で業務内容が違ったり、教育の内容が違うこともあるため、派遣で働いた期間を評価しない会社もあります。

そういった目で見てくる面接官に対し、自分は正社員の何倍もの業務量をこなしていた、こういった業務のコツは・・・など経験にもとづく具体的な話が出来れば、相手もあなたの実力を認めることでしょう。

悪い点

仕事は増え続ける

仕事の出来次第ですが、仕事は仕事を呼びます。

たくさんこなすほどにあなたに仕事は集中してゆくでしょう。

自分の為、と割り切れるなら問題ありませんが、昇給やスキルアップなど不要という方は仕事のスピードをセーブすることや、できません!とはっきり言うことも必要です。

Noと言える日本人になることも大切かも知れません。

担当して当たり前、という空気

管理職の仕事は部下たちの仕事量を均等にすることではありません。

少ない人員で業務を処理することです。

頼られるのは悪い気分ではないでしょうが、頼られ続けていると、それはアイツの仕事、のようにあなたが担当して当たり前といった状態になることも。

給料が安く、さらに雇用の不安定な派遣社員がボーナスを貰い、首を切られることのない正社員の面倒を見るなんてストレスのたまりやすい状態にもなってしまいます。

おわりに

業績を認められ、急激な昇進というものが少ない日本企業。

正社員でさえそんな状態ですが、何年働いても全く昇給がないどころかクビもありえる派遣という雇用形態は辛いところがあります。

派遣社員として頑張りすぎることをオススメしないワケ

その一方で、未経験の業種にも挑戦しやすいなどメリットもあります。

非正規雇用のメリットとデメリット

頑張りすぎず、生活費を得る手段と割り切る、頑張るのであれば次の転職に向けて経験を積む機会と考える、がオススメです。

PVアクセスランキング にほんブログ村


正社員への転職を徹底サポート【安定のお仕事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました