転職失敗して人生終わった40代

仕事で本当にあった怖い話

私は2022年4月、転職して働き始めましたが、上司と合わずに3か月で辞めてしまいました。

転職失敗!給料の良い仕事を3か月で辞めた話

その後日談になります。

kassy
kassy

渡る世間は鬼ばかり。まさしく。

転職失敗後、失業・・・人生終わり?

失業2日目:国民健康保険と国民年金の切り替え

7月末で退職しましたので、8月からは失業者です。

転職失敗、人生終わりという言葉が重くのしかかっていましたが、健康保険と年金だけはなぜか頭にあり、役場に行って切り替えを行いました。

役場の担当の方は親切に、再就職した際に健康保険だけは切り替えの申請が要ると教えてくれました。

年金は再就職先の会社で切り替え手続きを行うので、申請は不要とのことでした。

その場で保険証を受け取りました。

有難いことにアラフォーですが、特に持病はありませんので、緊急に必要ではなかったのですが、あると安心です。

お名前.com

失業20日目:国から再就職の催促が!

失業してから、色々な派遣会社に登録したところ、案件のご案内も頂きましたが、別の案内も頂きました。

厚生労働省からの業務委託で、就労を支援しているそうです。

派遣会社などへの転職や紹介予定派遣などでした。

失業率は国力を表す項目の一つですので、低いに越したことはありません。

さっさと働けということでしょう。

失業30日目:健康保険と年金の支払い

ある日、封筒が自宅に届き、嫌な予感がしましたが、開けると案の定健康保険と年金の支払い通知でした。

震える手で金額を確認すると、1ヶ月分で健康保険が3万円オーバー、年金が2万円弱で計5万円ほど。

1か月で5万円!アパートの家賃並みです。

どちらも直近の収入に応じた数字ですので、それぐらい貰ってたんだろとご指摘を受けそうですが、その通りです。

しかし、無収入でこれは痛い・・・。

ただでさえ、請求書が怖くて仕方ないのです。

いやはや、貯金はしておくものです。

ここ最近まで奨学金の返済をしていたせいか、節約癖が抜けず、蓄えは少しあります。

失業40日目:こだわりが消えてきた

さすがに今回の転職失敗はこたえました。

残り20年働こうと思って引っ越しまで伴った転職です。

わずか3か月で終わってしまいましたが、それでかえって吹っ切れたところもあります。

これまではある程度の規模の会社で正社員以外は目に入りませんでしたが、今は派遣、契約社員、フリーランス、何でも良い、です。

幸いにもハードウェアエンジニアとしての経験や、RPAの技術がありますので、それなりに高時給で働けそうです。

特にフリーランスでは、RPAエンジニアは月収50万円という案件も珍しくありません。

フリーランスといっても、成果報酬ではなく、間にフリーランス派遣の会社が入る就業時間報酬になりますので、税金を全部自分で行う派遣社員のようなものです。

この就業形態だと、ブログなど副業があってももちろん良いので、それもよろしいかと思っております。

フリーランスRPAエンジニア面接対策!必ず聞かれる3つのこと

失業50日目:ブログで初の収入が!

失業してから、1日に数記事ブログを書くようになり、専業ブロガー状態になりました。

幸いにもこの間に、グーグルアドセンスの審査に通過しました。

アドセンス審査に4回落ちた初心者ブロガーが5回目で通過するまでに行った3つのこと

当ブログも開始3か月目ですが、ようやく収入が発生し始めました。

現時点で8円です。

皆様、有難うございます!

調子に乗って3つ目のブログも立ち上げました。

おうちフィットネス (fitnessinhouse.online)

ダイエットやフィットネスなどボディメイク、ボディコントロールのブログです。

かれこれ10年以上ウェイトトレーニングを続けており、体もそれなりに締まっております。

とっくにアラフォーですが、実際の年齢を告げると驚かれることが多いです。

自分としても好きな分野なので、特化型もやってみようと始めてみました。

ご興味のある方はぜひご覧ください。

他の趣味、コーヒーや転職 (趣味?)でも特化型ブログを立ち上げたいなどと妄想しております。

上に3つ目、と書きましたが、実は2つ目のブログが既にございます。

The blog of a “former” Japanese automotive engineer.

私は外資系でも働いたことがありますので、英語には少し心得があります。

日本の「元」エンジニアのブログと題しまして、始めてみました。

おわりに

失業期間が長くなるほど、再就職は難しくなる傾向があります。

理由としては、企業が嫌がるためです。

ただ、その期間に何をしていたか?それを答えることが大事です。

自己啓発に努めていました、具体的にはUipathを、ブログを書いていました、キンドルで本を出そうと・・・なんでも良いでしょう。

時間があるので、これまでできなかったことをやっていました、という次の打席に向けた努力を続けていました、という答えは前向きに捉えられます。

私も今後どうなるか分かりませんが、このままブロガーになれたらなぁと願っております。

それでは、お付き合いいただき有難うございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村



コメント

タイトルとURLをコピーしました